FOD

FODプレミアム

レクタングル

グノシー画像

2018冬アニメ アニメ ヴァイオレット・エヴァーガーデン

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』見逃し動画無料配信

投稿日:

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』動画番組詳細


【番組名】ヴァイオレット・エヴァーガーデン
【放送開始日】2018年1月10日
【放送局】TOKYO MX
【監督】石立太一
【キャスト】石川由依、子安武人、浪川大輔、遠藤綾、内山昂輝、茅原実里、戸松遥
【公式サイト】http://violet-evergarden.jp/
【あらすじ】
大陸を南北に分断した大戦は終結し、世の中は平和へ向かう気運に満ちていた。戦時中、軍人として戦ったヴァイオレット・エヴァーガーデンは、軍を離れ大きな港町へ来ていた。戦場で大切な人から別れ際に告げられた「ある言葉」を胸に抱えたまま――。
街は人々の活気にあふれ、ガス灯が並ぶ街路にはトラムが行き交っている。
ヴァイオレットは、この街で「手紙を代筆する仕事」に出会う。それは、依頼人の想いを汲み取って言葉にする仕事。
彼女は依頼人とまっすぐに向き合い、相手の心の奥底にある素直な気持ちにふれる。
そして、ヴァイオレットは手紙を書くたびに、あの日告げられた言葉の意味に近づいていく。

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』<第1話>無料動画

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン<第1話>あらすじ】
感情を持たない一人の少女がいた。少女は戦うための「道具」として生きていた。名はヴァイオレット。
時は流れ戦争は終わり、新たな時代が始まろうとしていた。戦地で傷ついたヴァイレットはベッドの上で目を覚ます。白くなめらかな両腕は、砲弾を受け銀色に輝く義手に替わっていた。彼女に残されたものは、戦場の記憶と上官〈ギルベルト・ブーゲンビリア少佐〉が最後に告げた言葉だけ。
だが、その言葉の意味をヴァイオレットは理解できずにいた。
そこへ、一人の男が現れる。元陸軍中佐のクラウディア・ホッジンズ。ホッジンズはギルベルトに代わって彼女を迎えに来たと言う。
二人が向かうのは南部の港町・ライデンシャフトリヒの首都、ライデン。活気あふれる人々、美しい港の風景、ライデンの街はヴァイオレットを迎え入れる。
新しい街でヴァイオレットは「自動手記人形」に出会う。それは、依頼主の気持ちを言葉に代えて手紙に綴る仕事。時には依頼主が胸のうちに秘めた想いさえもすくい取る。
ギルベルトがヴァイオレットに残した言葉―――「愛してる」
「自動手記人形」になればその意味がわかるかも知れない。
――「愛してる」が知りたいのです。――
それは、感情を持たず戦うための「道具」として生きてきたヴァイオレットが、初めて示した意志だった。
【映画を見る】
【anitube】
【anitube検索】
【NETFLIX】
【ランキング】

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』<第2話>無料動画

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン<第2話>あらすじ】
エリカ・ブラウンには夢があった。
夢中で読んだ小説のように、人の心を動かす言葉で手紙を書くこと。
だけど、現実は……
C.H郵便社に新人の「自動手記人形」〈ドール〉が加わった。人形のように無表情な少女―――ヴァイオレット・エヴァーガーデン。彼女が人の思いを手紙にする「自動手記人形」の仕事に向いているとは誰も、もちろんエリカにも、思えなかった。
相手の言葉をそのまま受け取り、思ったこと、感じたことを率直に表現するヴァイオレットには、依頼人の「本当の気持ち」がわからない。そのため依頼人はヴァイオレットの代筆した手紙に怒り、C.H郵便社には苦情が届く。
それを隣で見ていたエリカは、どうして彼女がこの仕事を選んだのか不思議でならない。
ドールに向いていないのに、必要とされていないのに、
――それは、自分も同じ。
エリカはヴァイオレットに尋ねる。
「どうして、この仕事がいいのよ?」
ヴァイオレットは、まっすぐにエリカを見て答える。
「たとえ向いていなくても、私はこの仕事を続けたいのです」
ヴァイオレットの強い眼差しは、雲間から差し込んだ光のように、エリカに見失っていた夢を思い出させた。
今は依頼人の「本当の気持ち」がわからなくても、これから一人ひとりの心と向き合えば、ヴァイオレットにもきっと人の心に響く手紙が書けるはず。
そして、自分もいつか――。
【映画を見る】
【anitube】
【anitube検索】
【NETFLIX】
【ランキング】

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』<第3話>無料動画

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン<第3話>あらすじ】
良きドール〈自動手記人形〉は、相手が話している言葉から伝えたい本当の心をすくい上げて「手紙」にする。
それは、自動手記人形にとって何よりも大切なこと。そして、何よりも難しいこと。
自動手記人形の養成学校に通うルクリア・モールバラは、そこで軍人のように振る舞う
一風変わった少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンと出会った。
銀色に輝く義手で打つヴァイオレットのタイピングは、速く、正確。
そして、学科の成績も優秀だった。
だが、彼女が代筆したルクリアの両親へ宛てたものは「手紙」と呼べるものではなかった。
ヴァイオレットには、わからない。
大切な人の『愛してる』も、自分の気持ちさえも。
「…心を伝えるって、難しいね」
そう呟いたルクリアにも、本当に気持ちを伝えたい人がいた。
それは戦争の帰還後に変わり果ててしまった兄のスペンサー・モールバラ。
元軍人のスペンサーは両親を敵国の攻撃から守れなかったことを悔やみ続けている。
ルクリアがずっと伝えられずにいた、残されたたった一人の家族への本当の想い。
―――「生きていてくれるだけで嬉しいの…」
ヴァイオレットはルクリアの想いを綴り、スペンサーに届ける。
それは、任務でも課題でもない。彼女が代筆した、短いけれど心のこもった「手紙」だった。
ドールにとって一番大切なことを知ったヴァイオレットは、自動手記人形としての一歩を歩みだした。
【映画を見る】
【anitube】
【anitube検索】
【NETFLIX】
【ランキング】

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』<第4話>無料動画

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン<第4話>あらすじ】
長かった髪をばっさりと切り捨て、ハイヒールを履いて、お気に入りの衣装をまとえば、気分はライデン一番の自動手記人形。新人ドールのアイリス・カナリーは、働く女性に憧れていた。
アイリスに見知らぬ人物から初めての指名が入る。都会を離れたのどかな土地カザリへ向かうアイリスとヴァイオレット。そこで待っていたのはアイリスの両親だった。心配性の両親は都会で働く一人娘に会いたくて、偽名で依頼を出したのだ。
両親はアイリスのために誕生日パーティを開き、花婿候補を集める。その中には、アイリスがかつて想いを寄せていた彼の姿も。ショックを受けたアイリスは、途中でパーティを飛び出してしまう。
慣れないハイヒールを履いて背伸びをした理由。生まれ育った故郷を離れた理由。それは、実らなかった恋を忘れるため……
アイリスが告げた『愛してる』は、長年恋い焦がれた彼の心には届かなかった。
『愛してる』という言葉の重さを知るヴァイオレット。『愛してる』はとても勇気のいる言葉。少佐もあの時―――……
心の整理がついたアイリスは、ヴァイオレットに代筆を依頼する。自分が台無しにしてしまったパーティの招待客へ、お詫びの手紙を出したいと。すると、それならば両親にも手紙を書いてはどうか、と言い添えるヴァイオレット。
「手紙だと届けられるのです。素直に言えない心のうちも、届けられるのです」
不器用な娘から両親へ宛てた手紙には、面と向かっては言えないけれど、本当に伝えたい気持ちがつづられていた。
人の気持ちは繊細で複雑。時には相手を想うからこそ吐く嘘もある。手紙だからこそ届けられる気持ちもある。ヴァイオレットは少しずつ人の気持ちを理解し始めていた。
【映画を見る】
【anitube】
【anitube検索】
【NETFLIX】
【ランキング】

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』<第5話>無料動画

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン<第5話>あらすじ】
季節は移り、空が高くなる頃。
ヴァイオレットは数々の手紙を代筆し、貴族の間で話題の自動手記人形になっていた。
今回、ヴァイオレットが代筆するのは隣国へ嫁ぐ王女の恋文。
ドロッセル王国の王女とフリューゲル王国の王子が交わす恋文を国民に公開することで、国を挙げて二人の結婚を祝う。
これは王国の伝統的な儀式であり、戦時中に敵対関係であった両国の和平を結ぶ「婚姻外交」でもあった。
ドロッセル王国の王女・シャルロッテは、14歳のあどけない少女。
異国へ嫁ぐことも、侍女のアルベルタと離れることも、不安でたまらない。
王女の恋文を代筆するのは、彼女と同じ年頃の自動手記人形、ヴァイオレット・エヴァーガーデン。
ヴァイオレットは古今東西の書物から得た恋愛の知識で、見事な恋文をしたためる。
しかし、シャルロッテの表情は晴れない……。
数年前。白椿の花壇でのこと。
一人で泣いていたシャルロッテに、フリューゲル王国の王子・ダミアンが声をかけた。
飾らない笑顔、ありのままの言葉でなぐさめてくれたダミアン。
その時、シャルロッテは王子に恋をした。
それなのに……。王子から届く自動手記人形が代筆した恋文は、シャルロッテを不安にさせる。
美麗に飾られた恋文に、王子の心が見えない。
王子と王女の恋文に国民がどれほど沸き立とうとも、国内が平和の気運に包まれようとも、シャルロッテの涙は止まらない。
同じ年頃の少女の恋心に触れたヴァイオレット。
「あなたの涙を止めて差し上げたい」そう告げて、ある行動に出る。
それは、シャルロッテとダミアンに自らの手で恋文を書かせること。
ありのままの言葉、ありのままの筆致で綴られた恋文は、二人の心を近づける。
そして、ダミアン王子から届いた最後の手紙には一言。
「今宵、月下の庭園で待つ」
その夜、二人は初めて出会った白椿の花壇で永遠の愛を誓った。
結婚式の朝。
姫は、生まれる前から時間をともにした侍女・アルベルタに心からの感謝と別れを告げる。
シャルロッテの瞳に涙はなかった。
同じ頃、ヴァイオレットの瞳にも清々しい秋の空が映っていた。
【映画を見る】
【anitube】
【anitube検索】
【NETFLIX】
【ランキング】

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』<第6話>無料動画

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン<第6話>あらすじ】
200年に一度の彗星にまみえるように、人と人の出会いも思いがけず訪れ、瞬く間に過ぎていく。たった一度の出会いが人生を変えてしまうこともある。
ユースティティアの山間部に建つ、シャヘル天文台。写本課で働く少年、リオン・ステファノティスは人生のほとんどの時間をここで過ごしている。まだ、恋は知らない。
天文台の大図書館には、悠久の時を経た書物が数多く眠っている。日々劣化する古書を記録し後世に残す写本課は、仕事の補佐として大陸中から自動手記人形を集めた。
タイプライターを片手に国を渡り歩く自動手記人形たち。リオンは彼女たちを母と重ねて嫌厭していた。家を出たまま戻らない文献収集家の父を探すため、幼い自分を置いて旅立った母。リオンは母が自分よりも愛する男を選んだのだと思い、女にも恋にもコンプレックスを抱くようになった。
だが、リオンは出会ってしまう。今まで出会ったこともないような美しい少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンに―――
その瞬間、リオンの鼓動は今までにない音を鳴らし始めた。
リオンは幼い頃に親と別れ、この天文台へと預けられた。ヴァイオレットもまた孤児で、親の顔も知らずに育ったという。自分と似ているヴァイオレットを、ますます知りたいと思うリオン。
200年に一度訪れる、アリー彗星の夜。リオンはヴァイオレットを天体観測に誘い、自分のことを話し始める。母親に置いていかれてから、ずっとここに籠もり続けていること。残された者の寂しさ。それでも、母親を大切に思っている気持ち。
それは、ヴァイオレットが自分でも気づいていなかったギルベルトへの感情と重なる。
「私は、あの方と離れて『寂しい』と感じていた」
ギルベルトを思うヴァイオレットの横顔を見て、リオンはヴァイオレットにとって彼が特別な存在なのだと知る。
彗星の夜が明け、ヴァイオレットが天文台を発つ日。
リオンは長年籠もり続けていた天文台を出て、尊敬していた父と同じ文献収集家として歩み出そうと決意する。
自分の足で大陸中を旅して、まだ知らない多くのことを学ぼうと。
ヴァイオレットが生きている世界と、同じ空の下で。
【映画を見る】
【anitube】
【anitube検索】
【NETFLIX】
【ランキング】

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』<第7話>無料動画

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン<第7話>あらすじ】
【映画を見る】
【anitube】
【anitube検索】
【NETFLIX】
【ランキング】

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』<第8話>無料動画

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン<第8話>あらすじ】
【映画を見る】
【anitube】
【anitube検索】
【NETFLIX】
【ランキング】

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』<第9話>無料動画

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン<第9話>あらすじ】
【映画を見る】
【anitube】
【anitube検索】
【NETFLIX】
【ランキング】

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』<第10話>無料動画

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン<第10話>あらすじ】
【映画を見る】
【anitube】
【anitube検索】
【NETFLIX】
【ランキング】

レクタングル

【PC】2窓ネイティブ_2_3

君の名は

君の名は。バナー

-2018冬アニメ, アニメ, ヴァイオレット・エヴァーガーデン
-,

Copyright© ドラマ動画無料 , 2018 All Rights Reserved.